カンジタの潜伏期間と症状についての説明

カンジタの潜伏期間と症状についての説明

性器にかゆみや痺れのような感覚が起きていたり、オリモノの量が増加して困っている時には、カンジタの症状の初期段階の可能性があります。
カンジタは感染してから2日から1週間ほどで症状が出る事が多いのですが、人によっては菌が体内に残り続けたまま、大した症状が出ないまま年月が過ぎる事も珍しくないです。

体調不良による免疫力の低下など、身体の状態が悪くなる事でカンジタの症状が悪化して、性器の痒みが悪化したという人もいます。
性的関係を持った相手が股間の痒みに悩むようになり、自身も同じ症状が出るかもしれないと不安になった際には注意が必要です。
潜伏期間の目安となる一週間ほどが経過しても、感染せずに済んだと安心しないように、病院で検査を受けておく事を推奨します。

カンジタの症状が酷くなってくると、立っているだけでも股間の痒みが気になってしまったり、就寝中に何度も目が覚めてしまう事も珍しくありません。
股間の痒みのせいで睡眠時間が短くなってしまい、それが原因で身体の免疫力が落ちてくると、別の病気まで発症してしまう可能性もあります。

女性の場合はストレスによりホルモンバランスが乱れて、生理の痛みが増してしまったり、生理の出血量が増えて貧血になる事もあるので注意してください。
男性が感染したカンジタの症状が進行している時には、我慢できないほどの排尿痛に悩まされる事も多いです。
フロリードDクリームやフォルカンなどを使う事で、症状を緩和できる可能性は十分にありますが、まずは医師に相談をする事を忘れないようにしてください。

カンジタが原因のかゆみが治ったと考えても、性交痛が残ってしまったせいで性行為を楽しめずに、パートナーとの仲が悪くなってしまう場合もあります。
かゆみが解消できれば完治したと考えずに、性行為の最中に股間に違和感が無いか確かめておく事も重要です。
もしカンジタに感染している事が分かったのであれば、自身だけでなくパートナーも検査を受ける事を忘れないでください。

カンジタにはフロリードDクリームかフォルカンで治療

カンジタの代表的な治療薬には、塗るタイプのものと経口のものの2種類があります。
塗るタイプはフロリードDクリームといい、菌の増殖に必要な要素を阻害する抗菌作用を持っています。
水虫など菌が関係する病気に幅広く活用できる薬で、カンジタに使用した場合は数週間で改善させることが可能です。

使用方法は清潔な手で性器に直接塗布するもので、一日に2回から3回おこなう必要があります。
デリケートな部分に使用するものなので指に付着してもダメージはありません。
副作用も大きなものはありませんが、体質によってはかぶれや湿疹が表れる場合があります。

経口タイプのカンジタ治療薬でメジャーな薬はフォルカンというもので、抗菌作用を持つ薬のジェネリック医薬品に当たります。
主成分のフルコナゾールには殺菌に加えて発育を阻害する機能を備えていて、服用すると粘膜の状態を徐々に改善していくとともに炎症を抑え、かゆみや臭いも改善されていきます。
また膣分泌液の量を増加させる効果もあるので、カンジタによる性交痛や排尿痛を和らげることにも繋がります。

フォルカンは一日一錠を継続して飲むタイプの薬で、その手軽さが特徴です。
カンジタが完全に改善されるまで飲み続ける必要があるので、服用期間は症状の重さに左右されます。

フォルカンの副作用は他の薬と比較しても非常に経度なものがほとんどですが、まれに吐き気や発熱などの症状が表れることがあるのを覚えておいてください。
そして心臓や肝臓に腎臓の臓器に疾患を持っている人は服用前に医師への相談などの注意が必要です。
また妊婦の人は服用できない薬です。
カンジタは潜伏期間が長く症状が表れにくいことも多いです。
内面から菌を撲滅したい場合はフォルカン、オリモノの以上や炎症に直接対処したいのであればフロリードDクリームと使い分けると良いでしょう。